忘年会の季節が近づいてきましたね〜。
飲み会が続く年末、二日酔い防止はどうしてますか?
忘年会だけじゃなく、コンパや接待、付き合いでの飲み会の二日酔い対策をご紹介します。

二日酔い防止対策その1

★空腹で飲んじゃダメ

平気な顔してドンドン飲める人っていますよね。

どんなにお酒が強いって人でも、体内に入るアルコールの量、分解されて血中に出て行くアセトアルデヒドの量は同じなのですから、「酔っている」状態に変わりはないのです。

違いはアルコールが順調に代謝できるかどうかです。

それは内蔵の違いによって顕著ですが、まずは「丈夫な胃と肝臓」が物を言うのです。

空腹で飲むな! って良く言いますよね?

二日酔い、悪酔い防止には、やはりこれが大事なんですよ。

まず胃と肝臓をアルコールから守る成分を食べて、“飲む”ことに備えましょう。

動物性・植物性たんぱく質である肉、魚、チーズ、豆腐、枝豆などは、 肝臓がアルコールを代謝する際に必要な成分なんです。

ヨーグルト、牛乳など、乳製品に含まれる脂肪が胃に膜を張って、アルコールの吸収を穏やかにしてくれますから、飲みに行く前に牛乳やヨーグルトドリンクを1杯飲んでおくというのも、効果的です。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。